WEB予約
MENU

乳腺外科

Medical

診療かばん乳腺外科

当院受診の流れ

Web予約をご利用してくださると便利です。Web予約は受診希望日の当日1時間前まで予約可能です。早めに予約を希望の場合は、1か月前から予約可能です。
電話での予約も受け付けておりますので、Web上でご希望の日時の予約が取れない場合は、一度お電話でご相談ください。

乳腺外科の診療について

当院では、乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対しての診断と治療を行います。患者さま一人一人に必要な検査(マンモグラフィ、超音波検査、細胞診、組織診等)をした上で、乳腺専門医が解りやすく説明をいたします。乳房は体の表面にあるので、ご自分で変化に気づくことができます。

乳がんについて

乳がんは20代から85歳以上の方まで罹る可能性がある病気です。現在、日本人女性は、一生のうちに11人に1人が乳がんにかかると言われています。日本では、家庭やお仕事などにとって重要な時期となる40〜50歳台の女性が最もかかりやすい年齢層となっております。日本では乳がんにかかる女性が年々増加しており、近年では乳がんは女性がかかるがんの第1位となっております。およそ毎年86,000人以上の女性が乳がんと診断されています。また、女性の壮年層(30~64歳)の死亡原因の第1位となっております。

乳腺良性疾患について

良性の乳腺のしこりの代表です。20~40代の比較的若い年代の方にみられます。乳腺の良性腫瘍においては最も多く見られます。自己触診をすると、線維腺腫のしこりは表面が平らで楕円形で、触ると動くのを感じることもできます。大きさは1~3㎝程度の事が多いです。まれにかなり大きく成長することもあります。大きさが3.0㎝を超えたら手術を検討することもあります。

乳がんの術後の経過観察について

乳がんの治療は、診断から手術までで終わるわけではありません。その後一定期間の通院・経過観察が必要です。当院では、患者さまの状態によりますが、原則1年に1回のマンモグラフィ、3~6ヶ月毎の超音波検査、6ヶ月から1年毎の腫瘍マーカーを含む採血を行い、定期的なフォローアップとしています。術後から5年以上再発や転移なく経過した患者さまは、検査は1年に1回、マンモグラフィ、超音波検査、血液検査としております。