WEB予約
MENU

乳腺良性疾患について

Disease

乳腺良性疾患について乳腺良性疾患について

線維腺腫

良性の乳腺のしこりの代表です。20~40代の比較的若い年代の方にみられます。乳腺の良性腫瘍においては最も多く見られます。
自己触診をすると、線維腺腫のしこりは表面が平らで楕円形で、触ると動くのを感じることもできます。大きさは1~3㎝程度の事が多いです。まれにかなり大きく成長することもあります。大きさが3.0㎝を超えたら手術を検討することもあります。
初発症状では、痛みを感じることは少ないです。大きさや個数も様々で、両側乳房に多発することもあります。閉経後には自然に消える方もいます。

典型的な線維腺腫は、きれいな楕円形ですが、乳がんと見分けがつきにくいものもあります。画像検査で判断がつかない場合は、細胞診や針生検といった検査を行い、腫瘍の一部の細胞を採取して病理検査を行うこともあります。

画像検査や生検によって線維腺腫と診断された場合は、経過観察となることが多いです。腫瘍の大きさや形状に変化がでてこないか、経過観察を続ける必要はあります。

線維腺腫は葉状腫瘍と鑑別が必要となる腫瘍です。葉状腫瘍は手術が必要な腫瘍です。

乳腺症

乳腺症は閉経前の30~50歳代という女性ホルモン分泌が盛んな時期によく見られます。閉経後に乳腺症になることは少ないです。

症状としては、両側乳房の張り感、痛み、全体に乳腺が硬くなるといった症状が多いですが、片側だけに痛みを感じる方もいます。しこりや乳頭からの分泌を訴えて来院される方もいます。

乳腺症は女性ホルモンのバランスが崩れることで生じます。乳腺症は卵巣から分泌されるホルモンの影響で、乳腺細胞が増えたり減ったりして生じると言われています。
卵巣からは、エストロゲン(女性ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されていますが、このうちエストロゲン(女性ホルモン)の相対的な増加が乳腺症の原因ともいわれています。

乳腺症の症状は月経周期と関係していることも多く、月経前に強く症状を感じることがあり、月経が終了すると症状が楽になってくることが多いです。

乳腺症と乳がん

乳腺症は多くの場合、乳がんとは関係がありません。
乳腺症の症状は、ほとんどのケースで自然に軽快していくため、過度な心配は必要ないでしょう。
しかし、乳腺症の生じる年齢は、乳がんの好発年齢と近い時期なので、慎重に十分な検査を受ける必要があります。特に乳腺症によりしこりが生じている場合には、そのしこりが乳腺症によるものなのか、乳がんによるものか区別がつきません。また、将来乳がんを発症させるリスクが少し高い病変が隠れていることもあります。そこで、定期的に、マンモグラフィと超音波検査の画像検査を受けることをおすすめいたします。

乳腺嚢胞

乳管が一部膨らんだものです。乳腺細胞は分泌機能を持っています。それにより乳管内に分泌物が貯まってできたり、授乳期のミルクがたまったりして出現します。検診などで認められても、単純な嚢胞は精密検査にはならないです。しかし、まれに嚢胞内に腫瘍が出現することもあります。その場合には精密検査の対象となります。嚢胞内の腫瘍としては、良性の乳管内乳頭腫や悪性の嚢胞内がんなどがあります。

乳腺炎・乳腺膿瘍・乳輪下膿瘍

乳腺炎は授乳期に多くみられます。授乳期に乳汁がうまく出ないことで、うっ滞性の乳腺炎を生じたり、乳頭からの細菌感染で乳房内に強い炎症を生じたり、膿のたまり(膿瘍)を生じることもあります。

授乳期における早期の乳腺炎では搾乳や抗生剤などで収まることもありますが、膿瘍を形成した場合は切開して膿を出す処置を行う必要も出てきます。

乳輪下膿瘍は陥没乳頭などから細菌が侵入し、乳輪のあたりに膿がたまって、熱や強い痛み生じてきます。これらは抗生物質を使ったり溜まった膿や出したりして治療します。

※当院では、授乳中の乳房ケアや母乳マッサージなどは行っておりません。乳房ケアや母乳マッサージをご希望の方は、ご出産された産婦人科のご施設等にご相談ください。

マンモグラフィ検査、乳腺超音波検査は、乳腺健康チェック横浜市乳がん検診の項目を参照にしてください。

葉状腫瘍

線維腺腫と鑑別が必要な腫瘍です。
葉状腫瘍は10~70才の女性にみられます。40才代に多くみられます。葉状腫瘍には、良性と境界病変そして悪性と分類されています。
葉状腫瘍は乳腺腫瘍の0.3~0.9%と頻度の少ない腫瘍で、その中で葉状腫瘍は良性,境界病変,悪性に分類されます。

悪性葉状腫瘍の頻度はおよそ、女性100万人に2.1人といわれており、非常に稀な疾患です。
腫瘍の境界がはっきりしていて、このしこりが急に大きくなる場合もあります。5㎝以上の巨大な腫瘍に成長することもあります。葉状腫瘍の治療は外科手術での切除が基本となります。

乳房に症状のある方は保険診療となります。

検査内容 費用(初診で3割負担の場合の概算)
視触診+マンモグラフィ+超音波 3600円(税込)
視触診+マンモグラフィ 2550円(税込)
視触診+超音波 1910円(税込)