WEB予約
MENU

乳がんの術後の経過観察について

Follow-up

乳がんの術後経過観察について乳がんの術後経過観察について

乳がんの治療は、診断から手術までで終わるわけではありません。その後一定期間の通院・経過観察が必要です。

乳がんの術後は再発予防のために化学療法であれば3~6ヶ月ほど、ホルモン療法であれば5~10年かけて行っていきます。このように乳がんはとても長期間の治療が必要な病気であり、また10年以上経過してから再発するケースも少なくなく、新たな乳がんの発生にも注意が必要であり、長期間の経過観察が必要な病気です。

当院では、患者さまの状態によりますが、原則1年に1回のマンモグラフィ、3~6ヶ月毎の超音波検査、6ヶ月から1年毎の腫瘍マーカーを含む採血を行い、定期的なフォローアップとしています。術後から5年以上再発や転移なく経過した患者さまは、検査は1年に1回、マンモグラフィ、超音波検査、血液検査としております。

PET(Positron Emission Tomography「陽電子放出断層撮影」)やCT検査は再発が疑われた場合に行うようにしております。それは被曝の問題もありますし、再発症状が認められてからPETやCTを行っても予後が変わらないというデータがあるからです。

当院では術後の治療としてはホルモン療法を中心に行っています。なお、抗がん剤治療は行っておりません。抗がん剤治療が必要な場合には、連携病院など患者さまと相談し治療先を決定いたします。

当院では、乳腺専門医のいる拠点病院などと連携して、乳がん術後の患者さまの経過観察を行っています。長期の経過観察が必要な疾患なので、普段はいつも通りの生活を送りながら、気軽に安心して受診していただけるような診療を心がけております。