WEB予約
MENU

乳腺の診療内容

Practice contents

乳腺の診療内容乳腺の診療内容

乳腺健康チェック

当院では、乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対しての診断と治療を行います。

患者さま一人一人に必要な検査(マンモグラフィ、超音波検査、細胞診、組織診等)をした上で、乳腺専門医が解りやすく説明をいたします。

乳房は体の表面にあるので、ご自分で変化に気づくことができます。
次のような症状ありませんか?

症状

  • 乳房に「しこり」を触れるようになった。
  • 乳房に痛みや違和感がある。
  • 乳房の硬さが左右で異なる。普段より左右の大きさが異なる。
  • 乳房皮膚の変色や、へこみなどがある。
  • 乳頭のかゆみ、ただれがある。乳頭から分泌物や、血液が出る。
  • わきの下にしこりがある。

その他、上記以外でも気になる症状があれば、お気軽にご相談ください。

以下のような場合も定期的な診察をおすすめします。

  • 会社の検診や、人間ドックの検診などで乳房の再検査や精密検査を勧められた。
  • 乳がん治療が終わり、専門クリニックでの術後経過受診を勧められた。
  • 婦人科の先生から定期的な乳房チェックを受けるように勧められた。
  • 家族や近い親戚に乳がんや卵巣がんの方が複数いる。

乳房の主な症状に関して乳房の主な症状に関して

乳房の「しこり」

乳房のしこりには、硬いもの、弾力のあるもの、柔らかいものなどがあります。また、時には痛みを伴うこともあります。

乳房のしこりには良性疾患と悪性疾患、どちらの可能性もあります。

乳房のしこりは、触診だけでは診断はできないためマンモグラフィや超音波検査などの画像検査を行うことが必要となります。

乳房のしこりで注意が必要な疾患が、乳がんです。硬いしこりを触れ、痛みを伴わないことが多いですが、そうでない場合もあります。乳がんを疑ったら、マンモグラフィと超音波検査の他に、詳しい病理組織検査を行い、確実に診断しなければいけません。 
乳房の良性のしこりとして代表的なものとして線維腺腫がありますが、これも乳がんとの見分けがつきにくい場合は、病理組織検査を行い診断する必要があります。

当院では、視触診、マンモグラフィと超音波検査の画像診断、必要に応じて細胞診や病理組織検査まで行い、正確な診断を心がけております。

乳房の「痛み」

乳房に痛みがあると、乳がんでは?と心配になる方もいらっしゃると思います。
乳房痛の原因としては、大きく分けて乳腺疾患に伴うものとそれ以外のものがあります。乳腺疾患としては悪性腫瘍(乳がん等)と良性疾患がありますが、病変全てに痛みが伴うわけではありません。

多くの乳房痛の原因は女性ホルモンのアンバランスによる乳腺組織の局所的浮腫によるものと言われています。また、同年齢層者や身近な人が乳がんになったことなどの情報により、その不安から痛みを強く感じてしまうこともあります。
乳房の良性疾患で痛みを伴うものとしては、乳腺炎や、線維腺腫などの腫瘍による圧迫や増大する嚢胞(乳管の伸展痛)、などがあります。

乳房痛は乳がんの主症状としては頻度は低いとされていますが、痛みがきっかけで来院され、乳がんが発見されることも時折あります。
乳房の痛みは、実際の症状の良し悪しとはほとんど関係ありません。
ですから、自己判断は禁物です。これらを判断するにはできれば専門医の診察が必要であり、その鑑別診断のために、視触診、マンモグラフィ、超音波検査などを受けていただきたいと考えます。

乳腺の検査としては、視触診マンモグラフィ乳腺超音波検査を行っております。

当院では乳がんの診断以外にも、良性疾患の診断と定期的な診察も行っております。

乳房に症状のある方は保険診療となります。

検査内容 費用(初診で3割負担の場合の概算)
視触診+マンモグラフィ+超音波 3600円(税込)
視触診+マンモグラフィ 2550円(税込)
視触診+超音波 1910円(税込)