WEB予約
MENU

胃カメラ検査・ピロリ除菌

Gastrocamera/Pylori sanitization

胃カメラ検査胃カメラ検査

胃カメラ検査

当院では、横浜市胃がん健診、ヘリコバクターピロリ菌の検査と除菌療法や、胃の症状がある方の胃カメラ検査ができます。
また、患者さまの苦痛が少ない経鼻内視鏡(直径5~6㎜)を使用した胃カメラ検査を行っています。当院では患者さまに苦痛の少ない経鼻内視鏡検査を受けていただき、早期発見につとめています。経鼻内視鏡検査の偶発症は、0.024%と非常に確率は低く、安全に行える検査です。

胃カメラ検査は正式には「上部消化管内視鏡検査」といい、カメラを口や鼻から入れ食道や胃等の状態を直接見て調べる検査のことをいいます。この検査は胃がん・食道がんの早期発見や食道・胃・十二指腸に発生した潰瘍、炎症、ポリープなどを診断するために行います。画像検査だけでは、良性や悪性の診断が困難な場合は、精密検査として病変の一部を採取することがあります。
その組織を顕微鏡で観察し、がんであるかないか、ピロリ菌がいるかいないかを調べることができます。

経鼻内視鏡検査のメリット

  • ①苦痛・負担が少ない:従来の口から入れる内視鏡と比べて、かなり細いため、苦痛・負担が少ないです。
  • ②吐き気が少ない:内視鏡が舌の付け根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
  • ③検査中も会話ができる:検査中も会話ができるので安心感があります。
  • ④麻酔による事故が少ない:経口内視鏡に比べて少ない麻酔量なので、麻酔事故のリスクを減らせます。

※当院では安定剤、麻酔使用による意識のない状態での検査は行っておりません。

経鼻内視鏡のデメリット

  • ①鼻からの出血など、損傷のリスクがあるため、鼻の疾患がある方は避けた方が良いです。
  • ②鎮静剤を使わないので、不安が強い人は辛いかもしれません。
  • ③鉗子口が小さいためポリープ手術をすることができません。

ヘリコバクターピロリ感染と胃がん、胃潰瘍などに関してヘリコバクターピロリ感染と胃がん、胃潰瘍などに関して

感染者の多くは小児期にピロリ菌に感染します。その後、ピロリ菌が発するアンモニアや毒素などにより、胃粘膜が炎症(ピロリ菌胃炎)を生じます。成人期にピロリ菌に感染することは稀です。
幼少期に感染したピロリ菌は、生涯胃の中に住み続け、何年もかけて胃は慢性胃炎へ進行します。
そのうちに、胃粘膜の防御機能が低下しやがて胃粘膜の障害、萎縮、腸上皮化生などの変化が発生し、消化性潰瘍や胃がんなどが引き起こされると考えられています。ピロリ菌の除菌により、胃炎や胃潰瘍の症状を軽減したり、胃がん発症のリスクを軽減することができます。

ピロリ菌と胃がん

ピロリ菌感染者の胃がん発症率は2.9%と言う報告があります。(2001年)

ピロリ菌と潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍患者さまの90%がピロリ菌保持者。
日本人でピロリ菌に感染しているのは、およそ6000万人で50歳以上に多いです。
当院では、希望する方には胃カメラ時にピロリ菌のチェックを行ったり、胃カメラが苦手な方には自費になりますが、ヘリコバクタ―ピロリの抗体検査(血液検査)も行っています。
※抗体検査が陽性の場合は、胃カメラ検査を受診していただいてます。

また、ヘリコバクターピロリの感染が診断された方には、ヘリコバクターピロリの除菌療法も行っております。

ヘリコバクターピロリの除菌療法について

  • 除菌療法では1週間続けて抗生物質と胃薬を内服します。
    (途中で止めてしまうと失敗しやすいので継続して内服することが大切です)
  • ヘリコバクターの除菌は保険適応内では薬剤を変更して1週間ずつ2回まで行えます。
    1回目の除菌療法を1次除菌といい、その治療で効果が無い場合に2次除菌を行います。
    なお、2次除菌まで保険で行えます。
  • 1次除菌成功率 80~90% 2次除菌成功率 90%
  • 当院では2次除菌まで行っております。2次除菌で効果が無い場合、保険外診療で3次除菌を行っている病院へ紹介いたします。
  • 除菌療法の注意点:しっかり薬を内服することが大切です、除菌を失敗すると耐性菌を生じる原因になります。
  • 除菌中は禁煙すること!:喫煙は除菌成功率を低下させます。
  • 2次除菌中には、アルコールは禁止してください。
  • ピロリ菌除菌により胃がんの発生リスクは大幅に減少します。
  • 早めの検査・診断・治療をお勧めします。